スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

【試合結果】vs中日(22回戦) 

今日は家でおとなしくテレビを見ていました。お父さんが安仁屋の物まねやら木下の物まねをずーっと繰り返すので鬱陶しかったんですが、勝ったので絶賛してあげました!機嫌がいいと何でも許せますね!

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
中日  1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 1
広島  0 0 2 2 0 1 2 0 X 7 9 1

 広島          中日       
1東出(二)      1森野(三)
2天谷(中)       2荒木(二)
3アレックス(右)   3李炳圭(右)
4栗原(一)      4中村紀(一)
5嶋(左)        5和田(左)
6シーボル(三)    6小池(中)
7梵(遊)        7デラロサ(遊)
8倉(捕)        8谷繁(捕)
9齊藤(投)      9中田(投)

投手
中 - 中田 - (4回裏) - 清水昭 - (7回裏) - 平井 - (8回裏) - 長峰
広 - 齊藤 - (7回表) - 梅津 - (7回表) - シュルツ - (8回表) - 上野

得点経過
1 回 表 中村紀 カウント1-1からサードゴロ失策の間に1点先制 1 - 0
3 回 裏 栗原 初球ライトスタンドへ第19号2ランホームラン 1 - 2
4 回 裏 シーボル カウント0-2からレフトスタンドへ第11号ソロホームラン 1 - 3
4 回 裏 天谷 カウント1-1からセンターへ犠飛 1 - 4
6 回 裏 喜田剛 カウント2-2からライトスタンドへ第4号ソロホームラン 1 - 5
7 回 裏 シーボル カウント2-1からレフトフェンス直撃のタイムリー2ベースヒット 1 - 6
7 回 裏 梵 カウント2-1からセンターオーバーのタイムリー2ベースヒット 1 - 7

広島は先発の齊藤が好投。初回、ツーアウト2塁からシーボルのタイムリーエラーで一点を先制されるが、その後は立ち直って6回まで2塁を踏ませないピッチングで6回92球3安打1失点で無傷の3勝目、市民球場での初勝利を挙げた。
打撃陣は1点を追う3回に栗原の19号2ランで逆転すると、4回にシーボルのソロホームラン、6回には喜田剛の代打ホームラン、7回にはシーボル、梵の連続タイムリー2ベースが飛び出し、効果的に加点。中日に付け入るすきを与えなかった。
広島は投打がかみ合った試合展開で、単独3位浮上した。


単独三位キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!ですね!
力投!赤いハンカチ 広島単独3位に!(スポニチ)
今日の先発は齊藤。ここのところ大崩れすることなく安定したピッチングを繰り返しており、裏ローテーションといわれるのが不思議なくらいになってくれました。今日は初回、シーボルのタイムリーエラーが飛び出し先制を許しましたが、それから気持を切らすことなくしっかりと投げてくれた姿に、惚れ惚れしました。5回までは毎回ランナーを背負いながら、倉の良い守備や、中日のまずい攻撃などに助けられながら無失点に抑え、6回は三者凡退。6回裏に打席が回ってくるところで交代だろうなと思っていました。2回まで投げたところで50球くらい放っていたので、5回もつか少し心配だったのですが、杞憂に終わってよかったです。もう少し長い回投げたかったと本人も言っていましたが、まだいいイメージを持ったまま降板させてあげたいですし、3点リードという場面でしたから致し方なかったですね。今日はよく放ってくれました。このプレッシャーのかかる試合での好投。若い投手たちはこれがいい経験になっていくでしょう。これからの成長が楽しみです。
リリーフ陣は、梅津が四球からピンチを作りました。すこし橘高が厳しいところをストライクと言ってくれなくて苦労していましたが、先頭打者の中村に四球を与えたのが不味かったですね。これまで安定したピッチングをしてくれていますし、今日の反省を次に生かしてほしいですね。シュルツも満塁のピンチをよくしのいでくれましたし、上野も2イニングをしっかりと押さえてくれました。捕手が倉ということもあり、永川が出てきたら不安だなぁと思っていたのですが、出番がなくて一安心しました!にしても中日打線が不調というのもあったのでしょうが、1失点に抑えた投手陣はよかったですね。明日につながる攻撃というのをさせなかった上野も偉かったですね!
そして齊藤のヒーローインタビュー可愛かったですね~。ちょっとクールなイメージがあったのですが、お調子者の一面もあるんですね。明るいチームになったなぁとしみじみ感じた一面でした。

【メガ速】赤ヘル単独3位浮上 栗原が逆転弾(SANSPO.COM)
さて、打撃陣は1点を追う3回、ツーアウトから栗原の逆転ホームランで試合をひっくり返すことに成功しました。チャンスは作りながら中田を攻略できず、次第に中田ペースになっているのかなぁと思っていた矢先でしたから本当に大きな一発でした。体の不安もありながら、試合に出続けて、ヒーローになる栗原は立派な4番打者になりましたね。一時は4番から外したほうがいいのではと思っていましたが、今は全くそんなことは思いません。あ、もうちょっと満塁で打てるようになれば言うことないですね!
その後3回。シーボルのホームランが飛び出しました。己のエラーで先制を許していましたし、取り返す一発でしたね。ど真ん中、という球でしたが、見逃さずにレフトスタンドに放り込んだのは素晴らしかった。そしてそのあと動揺する中田を責め立てて、天谷の犠牲フライでもう一点加点したのも効果的でしたね。代打の喜田のホームランも素晴らしかったですし、シーボル、梵のタイムリーが出たのもよかった。今日は効果的に点を取り、しっかり投手陣が守り抜くという投打がかみ合った試合になりました。みんなそれぞれが活躍した見所の多い試合でしたね。

さて、大事な3連戦の頭を見事な勝利で飾りました。明日の先発は前田健太。中日戦の防御率が絶望的に悪いという不安もありますが、いつまでも同じ相手にやられるわけにはいきませんから、明日はしっかりと抑えて苦手意識を払しょくしてほしいと思います。打撃陣も今日の好調を維持して、しっかり投手陣が楽に投げられる展開にしてほしいですね。明日は三塁側内野で応援です。いい試合が見られますように!

スポンサーサイト
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

【試合結果】vsヤクルト(18回戦) 

長い試合でした。見に行った方お疲れ様でした!!声援今日も凄く響いてました。

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
広島   0 4 0 0 0 0 1 0 0  0 1 6 12 2
ヤクルト 0 2 0 1 2 0 0 0 0  0 0 5 9 1

 広島          ヤクルト       
1東出(二)      1福地(右)
2天谷(中)       2宮本(三)
3アレックス(右)   3青木(中)
4栗原(一)      4畠山(一)
5嶋(左)        5飯原(左)
6石原(捕)      6田中(二)
7喜田剛(三)     7川島慶(遊)
8小窪(遊)      8福川(捕)
9大竹(投)      9館山(投)

投手
広 - 大竹 - (5回裏) - ブラウワー - (6回裏) - 青木高 - (7回裏) - シュルツ - (9回裏) - 梅津 - (10回裏) - 上野 - (11回裏) - 永川
ヤ - 館山 - (8回表) - 松岡 - (9回表) - 五十嵐 - (10回表) - 木田 - (11回表) - 松井

得点経過
2 回 表 喜田剛 1-2からライト前タイムリーヒット 1 - 0
2 回 表 大竹 2-1からピッチャー館山悪送球 3 - 0
2 回 表 東出 1-0から3塁線スクイズ成功 4 - 0
2 回 裏 田中 初球をセカンド内野安打・セカンド東出悪送球 4 - 1
2 回 裏 川島慶 2-3からセカンドゴロの間にサードランナーホームイン 4 - 2
4 回 裏 福地 1-3からライト前タイムリーツーベースヒット 4 - 3
5 回 裏 川島慶 0-3からピッチャー強襲タイムリーツーベースヒット 4 - 4
5 回 裏 福川 初球をライト犠牲フライ 4 - 5
7 回 表 天谷 2-0からライト前タイムリーヒット 5 - 5
11 回 表 栗原 0-1からレフト線へのタイムリーヒット 6 - 5

広島は2回、ノーアウト満塁から喜田剛のタイムリーで1点を先制し、さらに大竹の打球をピッチャー館山がホームへ悪送球して2点、東出のスクイズで1点を追加するなど一挙に4点を先制した。しかし先発の大竹が粘りきれず、逆転され1点を追う7回、1アウトから代打前田智、梵の連打で1,3塁とすると、天谷の同点タイムリーが飛び出し、試合を振り出しに戻すことに成功する。そして延長11回、1アウトから梵がヒットで出塁し、盗塁を決めると、アレックスの四球などでツーアウト1,3塁とし、栗原の値千金のタイムリーで勝ち越しに成功した。あとは守護神の永川がランナーを出しながらも1点のリードを守り抜き、広島は4時間30分を越える延長戦をせいした。
広島は今季9度目の3連勝、4カード連続勝ち越しで貯金を1とした。


今日のヒーローは誰ですかと聞かれたら、勝ち越しタイムリーを打った栗原だと言う人もいれば、流れをヤクルトにやらないピッチングをした中継ぎ陣をあげる人もいるでしょう。或いは何れも同点勝ち越しに繋がるヒットを放ち猛打賞の梵、先制タイムリーを放った喜田、見事スクイズを決めた東出、値千金の同点タイムリーを打った天谷と言う人も居るかもしれません。あのプレッシャーのかかる場面で見事1点差を守りきった永川も、ヒーローに上がるでしょう。ブラウン監督が目指す、ALL-INの野球の姿。それが今日のヤクルト戦、延長11回、4時間30分を越える試合を制したカープに見えました。
1人1人みんなが必死にプレーし、失敗したチームメイトをカバーする。そして一丸となって勝利を目指す姿はファンの心をつかんで離さず、長い長い試合にもかかわらず最後まで声援を送るレフトスタンドのファンの声援がそんなナインを後押ししていました。ファンも、ナインも一つになって居ましたね。
夢の貯金と、前田選手がお立ち台で口にしたのはブラウン就任一年目のお立ち台での事でした。確かにあのころ、貯金というのは夢のまた夢のもので、重ねられる借金を数えるのが憂鬱な毎日でした。けれど、あれから、チームは少しずつけれど着実に力を付けて、夢を現実のものへと変えました。試合を重ねながら少しずつ成長するチーム。いつの間にこんな力を付けていたのかと驚かされ、そして益々夢中になる自分を止められそうにありません。
けれどまだまだこれは通過点です。目指すのは日本一!まずはクライマックスシリーズに向けて、チーム一丸となって戦っていって欲しいと思います。

さて、今日の先発は大竹。4点先制してもらって楽に投げられるのかなとおもったのですが、味方のエラーなどもあってそうはいきませんでした。もともとヤクルトとは相性が悪かったので不安では有りましたが、やはり相性の悪さが出てしまった感じですね。しかしかつての大竹のように、悪いときは目も当てられないほど悪いという感じではなく、まだ頑張って放れるように成ったかなという印象ではあります。あとは無駄な四球を無くして、毎回良いピッチングが出来るようになればいいのですが。今日のことは反省して、次の登板に生かして欲しいですね。
あとは中継ぎ陣がよく頑張ってくれました。ブラウワーの様子が不安ではありますが、唯すこししびれが収まらない感じだったようですので、大丈夫でしょう。もしかしたら明日は休ませるかもしれませんね。青木高も中継ぎとしてしっかり仕事を果たしてくれました。先発、中継ぎと便利屋のような役割に成っていますが、しっかりと仕事をこなして信頼を勝ち取っていって欲しいですね。シュルツ、梅津、上野は危なげないピッチングで勝利を手繰り寄せてくれました。最後は永川。すこし怖かったですが、しかししっかり守り抜いてくれて良かったです。

打線は2回。連続ヒットや相手のエラーなどで3点を取り、東出のスクイズで4点目。4点有れば大竹が楽に投げられるとブラウン監督も踏んだのでしょう。私もそう思っていました……。今の打線というのは一回に集中的に点をとってあとはサクサク進んでしまうというのが悪い所だとおもうのですが、今日もそれが出てしまいましたね。追いつかれた大竹も悪いのですが、追加点がもっと取れればなぁという展開の中、逆転を許してしまいました。もう駄目だと思っていたところを天谷のタイムリーで同点に。そして延長11回には栗原の四番の仕事が飛び出し勝ち越しに成功しました。もう少しチャンスは有ったのですが、それでも勝てたのですから文句は有りません!しっかりと四番の仕事をこなしてくれた栗原に拍手を送りたいですね。

しかし不安が残るのが東出の負傷交代ですね。指のようですから本当に不安です。何より此まで内野陣の中心となりチームを引っ張ってくれていた東出ですから、ここでの離脱は大きなマイナスでしょう。軽傷であってほしいです。
しかしこういうとき本当に小窪のありがたさを感じます。いろいろなポディションを守ることとなって大変とは思いますが、頑張って欲しいですね。

さて、中日も勝ったので順位は変わりませんが、ようやく貯金を手にしました。油断すれば直ぐに無くなってしまうのが貯金ですから、大事に大事にして欲しいですね。今は目の前の試合全部勝つつもりで戦って、貯金を増やして広島に帰ってきて欲しいと思います。明日は篠田でしょうか。相手は石川かな?厳しい戦いに成るとは思いますが、弱っているヤクルト相手ですから、しっかりと自分たちの野球をして、確実に勝って欲しいですね!

私は台風が来る前に広島に帰らなければ新幹線が止まってしまいそうなので明日実家に発ちます。台風なんであんなあり得ない角度で曲がるんだろう……変化球のようだよ……。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

【試合結果】vsヤクルト(17回戦) 

神宮の声援凄いですね!!ルイスもお立ち台で言っていましたが、ヤクルトファンより多かったですよね。ちょっと感動しました。

      1 2 3 4 5 6 7 8 9  R H E
広島   0 0 0 0 0 2 0 0 0  2 11 1
ヤクルト 0 0 1 0 0 0 0 0 0  1 5 0

 広島          ヤクルト       
1東出(二)      1福地(右)
2赤松(中)       2宮本(三)
3天谷(左)      3青木(中)
4栗原(一)      4畠山(一)
5アレックス(右)   5飯原(左)
6石原(捕)      6田中(二)
7喜田剛(三)     7川島慶(遊)
8梵(遊)        8福川(捕)
9ルイス(投)     9ゴンザレス(投)

投手
広 - ルイス - (8回裏) - 梅津 - (9回裏) - 永川
ヤ - ゴンザレス - (7回表) - 押本 - (8回表) - 松岡 - (9回表) - 木田

得点経過
3 回 裏 青木 初球ファーストゴロの間 0 - 1
6 回 表 栗原 カウント0-2からレフトへ2点タイムリー2ベースヒット&栗原2塁オーバーランしタッチアウト 2 - 1

広島は1点を追う6回、 1アウトから赤松の四球で出塁すると、天谷の内野安打で1,3塁とし、栗原のタイムリー2ベースで逆転する事に成功した。
投げては先発のルイスが7回102球5安打7三振2四死球1失点と好投。ルイスのあとをうけた梅津、永川も1点のリードを守り抜く好投で白星を守り抜いた。
広島は17度目の挑戦で7月9日以来の勝率5割に到達。6月4日以来の3位タイに浮上した。


色々書きたいことも山積みなのですが、明日早いので今日は簡単に纏めます!
今まで何度ぶつかっても跳ね返されてきた五割の壁に、今日挑んだのはエースルイス。一点を先制されるなど序盤は不安定な内容に、ルイスでも厳しいのかと肩を落としかけました。けれど終わってみればルイスは7回をその1失点だけにまとめ上げる好投で、見事にエースとしての仕事を果たしてくれましたね!3回の1アウト満塁の場面をファーストゴロでの一点のみに止めたのも大きな勝因だったと思います。前回不安定だった分、今日が少し不安ではありましたが、杞憂に終わって良かった。これから勝ち続けるにあたって、ルイスの日は必ず勝つというのが必須条件になってくるでしょうから、安定したピッチングを続けて欲しいですね。
ルイスのあとを受けた梅津も良いピッチングでした。こういう僅差の場面で使われるほど信頼されはじめたということでしょう。例年後半戦になるとバテて本来の力が発揮出来なくなる梅津ですが、今年はこの時期も一軍で頑張ってくれています。これからも勝利の方程式の一角として仕事をこなしていって欲しいですね。9回の永川は貫禄のピッチングで34セーブ目。本当に安定しています。今年は永川の力が大きいですね!

打線は11安打しながらも2得点と、タイムリー不足に悩んだ試合でしたし、まずい走塁なども見られました。ただ、逆転した回の足を使った攻撃は良かったですね!ああいう積極的な走塁が、逆転を生んだのですから嬉しいものです。
それに今は勝ち方よりも勝ったという結果が全ての時期ですから、もう勝てば何だって良いと思います。なので今日は素直に勝率5割、そして中日に並んで3位になったことを喜びたいですね!

明日は大竹でしょうか。ヤクルトは館山ですかね。明日こそ沢山タイムリーが出て、投手陣が楽に投げられるような試合展開が見たいです!一点差はファンの胃にも悪いですよねー。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。