FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

【試合結果】vs中日(11回戦) 

最近涙もろくて困ります。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
中日 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 3  2
広島 0 0 0 1 0 0 0 1 1 3 11 0

 広島         中日
1東出(二)     1荒木(二)
2赤松(中)      2井端(遊)
3アレックス(右)  3森野(中)
4栗原(一)     4T・ウッズ(一)
5シーボル(三)   5和田(左)
6嶋(左)      6中村紀(三)
7梵(遊)      7小池(右)
8石原(捕)     8谷繁(捕)
9青木高(投)    9佐藤充(投)

投手
中 - 佐藤充 - (4回裏) - 長峰 - (7回裏) - 高橋 - (8回裏) - 吉見 - (9回裏) - 小林
広 - 青木高 - (5回表) - 岸本 - (8回表) - 上野 - (9回表) - 横山

得点経過
2 回 表 小池 1-3からレフト前先制タイムリー 1 - 0
4 回 表 小池 1-0からサードゴロ併殺打の間に1点 2 - 0
4 回 裏 栗原 初球レフトスタンドへ10号ソロ 2 - 1
8 回 裏 嶋 1-1からセカンドゴロタイムリーエラーで同点 2 - 2
9 回 裏 天谷 0-1からセンター前サヨナラタイムリー 2 - 3

広島は先発の青木高が悪いながらも粘りのピッチングで4回を2失点でマウンドを降りると、二番手の岸本が3イニングを投げて4連続三振を含む5奪三振で好リリーフ。3番手上野、4番手横山も中日打線をノーヒットに抑え込むピッチングで攻撃にリズムを与えた。
打撃陣は2点ビハインドで迎えた4回、栗原のホームランにより1点を返すと、8回には相手のエラーで同点に追いついた。そして9回。この回先頭打者の東出がヒットで出塁、赤松がバントで2塁に送ってサヨナラのチャンスを作ると、天谷がセンター前にはじき返し、2塁走者の東出がホームイン。今季2度目のサヨナラ勝ちとなった。
広島は10度目の挑戦で昨年5/27以来の勝率5割に到達し、3位・巨人と1ゲーム差とした。


2-1で7回が終わり、点が入りそうにない攻撃を見て、負けたなぁと思って自転車に乗って家に帰り着いたら同点に追いついていました。諦めていたのは私だけで、選手は少しも諦めていなかった!この良い流れを作ってくれたのは、岸本、上野、横山のリリーフ陣だったと思います。
赤ヘル、若い力で今季初5割 天谷が劇的一打(SANSPO.COM)
岸本は良かったみたいですね。投げてみなければ解らない投手ではありますが、ぴたりと嵌ればこんな素晴らしい投球が出来るのだと驚かせてくれました。毎回これが出来れば…!というのは贅沢な注文なのでしょうが、2回に1回とかでもこんな投球をして欲しいですね。ストライク先攻、変化球でも直球でもストライクがとれていましたね。ラジオを聞いていて三振の嵐に鳥肌が立ちました。3回を投げきって5奪三振。あそこで岸本が3回投げてくれたお陰で、シュルツ、梅津が休めましたし、攻撃の流れがカープにやってきたような気がします。岸本が投げている時に、ラジオで言っていましたが今ブルペンが凄く良い雰囲気みたいですね。自分も抑えてやるという良い空気があるようで、例年にない中継ぎの奮闘はこういうプラスの連鎖が引き起こしているものなのでしょう。ただ、横山は今日の内容を見ていても疲れて居るなぁという感じなので、明日は休養日にしてあげて欲しいですね。上野もバックの守りに助けられながらしっかり抑えてくれましたね。この二人が展開に関わらず好投出来るようになれば随分楽になりますもんね。ヒーローインタビューは天谷でしたが、陰のヒーローは岸本でしょう。本当によく投げてくれました。
青木高はふらふらしていましたし、失点の少なさほど内容が良い投球というわけでは有りませんでしたが、それでも試合を壊さず4回まで投げたのは良かったのではないでしょうか。こういった先発ですら不足していた状態でしたからね。中日打線の深刻さも際だつ形では有りましたが、粘り投げ。もう一回くらいチャンス貰えるでしょうから、その時は今日よりいいピッチングをして欲しいと思います。

打線はヒットはうてど誘い出されてアウト、というのが2度あったり、ヒットを11本も撃って3点という拙攻続きで手放しには喜べない内容でした。もうちょっとバントとか使っても良いのにとか思ったりもするのですが、先発に不安が有ると大量点を狙ってしまうのかなぁという感じですね。けれど最後まで諦めず、中日の勝利の方程式である吉見からエラーがらみとはいえ1点を奪い取りました。あの流れで逆転といきたかったところですが、緒方さんは惜しかったですね。しかし1点くらいのビハインドなら、終盤で何とかしてやるという打線の気迫が伝わってきた気がします。諦めない姿勢、これが一番大事ですよね。
最終回、東出から始まる打順。ここで決めなければサヨナラは出来ないだろう好打順。期待通り東出が出塁し、赤松もきっちりとバント。不調の天谷が打席に立ち、どうなることかとドキドキしていました。しかしお祭り男はきっちりと決めてくれましたね。今季のカープを象徴する、若手が打って走って、新戦力が投げて、抑えて、5割の壁を突き破りました。
中継ぎの酷使が不安ではありますが、勝ちにこだわるにはこういった起用も必要に成るのでしょう。これまでのカープは、もうこの時期にはそういった感覚を忘れた戦いをしていましたからね。順位表を見てドキドキ出来る夏。シーズンが始まる前、正直こんな長い期間ペナントレースを楽しめているとは思っていませんでした。このまま私の予想を裏切り続けてくれれば、何度でも何度でも喜んで掌を返したいと思います。

しかし勝ったとはいえ勝率5割。まだまだスタートラインに立っただけで、本当の勝負はこれからです。
今年のカープはひと味違うのだと思わせてくれる戦いがこれからも続くことを期待したい。今年は例年よりも熱い夏が待っているはずです。ファンの声援が後押しに成るならば、幾らでも球場に通いましょう!夏休みは遠征も含めて沢山見に行きたいですね!

明日はコズロースキーでしょうか。中日は小笠原?ですかね。ちょっとわかりませんね。攻撃は2日続いて拙攻です。どうにか明日はヒットが得点に結びつく攻撃を見せてもらいたいですね。二軍戦を見る限りコズロースキーには過度な期待は出来なさそうですが、それでもなんとか試合を作る投球をして欲しいと思います。連敗しようものならば一気に5位まで落ちてしまいそうな競っているセリーグですから、きっちりときっちりと、この勢いを忘れない戦いをして欲しいと思います。
7-9-1

ヤフドで幹英が一生懸命岸本に変化球の握りを教えていたのを私は忘れない。そして幹英がヤフードームのビジョンに夢中だったせいで岸本がキャッチボールしにくそうだったのも忘れない(・・・)
岸本ってイケメンなのに写真全部変な顔でもったいない。イケメンの無駄遣いもったいなーい!

スポンサーサイト

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://otasu73.blog71.fc2.com/tb.php/102-3385bb69

10度目の正直

帰宅してテレビをつけたら、歓喜の輪がほどけたところでした。 その中心にいた人物の頭だけを見て、サヨナラ打を放ったのが昇吾かと思ってし...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。