FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

【オープン戦】vs横浜 

はいはい永川永か……あ、あれ?


    1 2 3 4 5 6 7 8 9  R  H  E
広島  0 0 1 1 1 0 0 2 0  5  10 1
横浜  0 0 0 1 1 0 0 3 1  6  11 2

 広島          横浜
1赤松(中)       1二志(二)   
2天谷(左)       2石井(遊)
3アレックス(右)   3金城(中)
4栗原(一)      4村田(三)
5シーボル(三)    5佐伯(一)
6石原(捕)      6吉村(右)
7木村(遊)       7小関(左)
8東出(二)      8鶴岡(捕)
9大竹(投)      9寺原(投)

投手
広 - 大竹 - (7回裏) - 林 - (8回裏) - 岸本 - (8回裏) - コズロースキー - (9回裏) - 広池
横 - 寺原 - (4回表) - ウィリアムス - (6回表) - 那須野 - (7回表) - 山北 - (8回表) - ヒューズ - (9回表) - マットホワイト


得点経過
3 回 表 赤松 レフト線タイムリーツーベース 1 - 0
4 回 表 石原 センターへ2号ソロ 2 - 0
4 回 裏 村田 レフトへ2号ソロ 2 - 1
5 回 表 緒方 (代打)ライト前タイムリーヒット 3 - 1
5 回 裏 金城 センターへ犠牲フライ 3 - 2
8 回 表 アレックス サード内野安打 悪送球の間に1点 4 - 2
8 回 表 シーボル サードゴロの間に1点 5 - 2
8 回 裏 村田 レフトへ2ラン 5 - 4
8 回 裏 ボークで同点にされる 5 - 5
9 回 裏 野中 レフト前サヨナラヒット 5 - 6


先発の大竹は、立ち上がりは制球に苦しみ満塁のピンチを招くが無失点に切り抜ける。あとはしり上がりに調子を上げ、6回を投げて5安打2失点3奪三振。開幕に向け、まずまずの内容でオープン戦の登板を終えた。
試合は、3回。広島が赤松のタイムリーツーベースにより1点を先制し、4回には石原の2号ソロホームランが飛びし2点をリードする。その裏、村田のソロホームランにより1点差に迫られるが、8回に相手の守備の乱れに乗じて3点を奪うなど、ここのところ低調であった打線が効率的な得点に成功した。
しかしながら3点をリードした8回裏、これまで無失点登板を続けていた岸本が炎上。村田にツーランを浴び1点差に迫られると、続くピンチで登板したコズロースキーがボークにより同点に追いつかた。9回裏に5番手で登板した広池も、サヨナラヒットを浴び、昨日に続く中継ぎ陣の乱調で逆転負けを喫した。



【広島】開幕投手が確実な大竹6回2失点
一回ですでに30球を放っていたので、これは悪い大竹だなぁと思っていたんですが、よく修正できましたね。このままずるずる失点するのが今までの大竹だったのですが、悪いなりの投球ができたのは成長した証ではないでしょうか。6回を投げて94球。球数の多さは気になるところですが、今回はこれまで不安視していた悪い時にどうまとめることができるかといった課題がクリアできたことを評価したいですね。ランナーがでても大崩れしませんでしたし、四球も3。着実に成長しています。
実は開幕投手は大竹ではないのではないかと考えていた時期もあったのですが、今は若きエースを信じたいです。

広島リリーフ陣が明暗
中継ぎでは林は安定していますね。勝ち継投を担ってくれそうです。ただ、林の場合、春先調子がいいのは例年のことです。例年通りの林だと認識していていいかもしれないですね。
岸本がついに失点しました。
いつかは失点するものだと思っていましたが、古巣相手につるべ打ち。力んだようです。岸本は打たれ始めると止まらない気がしますねぇ。3連投というシーズン中を見越しての采配だったのでしょうが、厳しいものがありました。このまま調子を落とすと、二軍に下げてフォームをいじらなければならないと思います。今のままだとずっと通用する感じではないですからねぇ。球は速くて威力があるので、いじりようによっては大化けするタイプではないでしょうか。……うまくいったためしはないですが。いっそアーム式にしてみないかい……?冗談はさておき、次回登板がどうなるかに注目ですね。

打の方では、赤松がタイムリーツーベースと相手のエラーを誘うセーフティーバント。なかなかいい攻撃をしていますね。ほかに目立っているのは緒方さんとアレックスでしょうか。
緒方さんはとても状態が良さそうですよね。これは開幕スタメンありそうです。天谷がいま調子を落としていますからねぇ。アレックスも猛打賞。この二人をぜひ使ってほしいですね。

プロ野球戦力分析・ビジュアル解説〔セ・リーグ〕
抑えの部分は、コズロースキーに決定してしまいましたが。
先発投手はこれから青木高か建さんが抜けて前健と宮崎が加わる布陣でしょうか。3番梵は私的にはどうだろうといった感じです。俊足が3人並ぶのは好きなのですが、打ち上げることが多い梵はなんとなく俊足の括りで論じてしまえる選手ではないという気がするんですよね。3番にいても怖くないですからねぇ。かといって小技が上手いわけではないし……。カープは下位向きの選手が多いですよね……。3番アレックスで5番シーボル6番梵かなぁ。シーボルはなんだかんだで打点マニアで一発がない選手なので、3番でもいい気がしますが。
>中継ぎ陣は左右のバランスがとれており
なんだかんだで一番の弱点であり、最も頭を悩まさなければならないのは中継ぎだと思いますね。二軍から誰か救世主のような形で上がってきてくれればいいのですが。ニュー河内の登場に期待しましょう。(情報ありがとうございました。)もしくは黒髪で鬚がなくなったニュー永川か……
にしてもやはり抑え不在というのは大変ですよね。楽天をみて思った…友達から「ドミNGおおおおおお」というメールがきて笑ったんですが……カープは「NG川」だったですからね。開幕前に修正できてよかったのでしょう。


と、ここまで書いてパソコンの前で熟睡していました。ここのところどうも原因不明の貧血気味なのです。
今日は母親の車を運転して疲れたせいだと思いま、す、が。でもMT車は運転してるー!って感じで好きだなぁ~ローからセコヘサードからトップへ上手く切り替えられた瞬間は、コースをうまくついて見逃し三振を奪えた時のような達成感があります。

明日は連敗が止まりますように~。

スポンサーサイト

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://otasu73.blog71.fc2.com/tb.php/25-2a40f0b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。