スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

【試合結果】vs西武(2回戦) 

嬉しさのあまり立ち上がった瞬間に足の親指を捻ってすっごい痛いです。でも嬉しい痛みなので良いとします!

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
西武 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 6 1
広島 0 0 0 2 0 1 0 0 X 3 9 0

 広島         西武
1天谷(中)     1片岡(二)
2東出(二)      2栗山(左)
3アレックス(右)  3中島(遊)
4栗原(一)     4ブラゼル(一)
5前田智(左)    5GG佐藤(右)
6喜田剛(三)     6中村(三)
7梵(遊)      7ボカチカ(中)
8石原(捕)     8銀仁郎(捕)
9ルイス(投)     9涌井(投)

投手
西 - 涌井 - (7回裏) - 大沼 - (7回裏) - 星野 - (8回裏) - 正津
広 - ルイス - (8回表) - シュルツ - (9回表) - 永川

得点経過
4 回 裏 前田智 初球をライトフェンス直撃タイムリースリーベースヒット 0 - 1
4 回 裏 梵 1-0からセンター前タイムリーヒット 0 - 2
5 回 表 ボカチカ フルカウントから左中間第11号ソロホームラン 1 - 2
6 回 裏 石原 2-2からショートタイムリー内野安打 1 - 3

広島は先発のルイスが好投。3回までは強力西武打線をノーヒットに抑え、4回以降はランナーを許すものの、粘りの投球で7回5安打10奪三振1死球1失点。8回は二番手シュルツ、最終回は守護神の永川が無失点に抑え、ルイスはハーラー単独トップの7勝目をあげた。
打線は4回、栗原・前田の連続スリーベースヒットで先制すると、梵のタイムリーも飛び出し苦手涌井から2点を奪うことに成功した。1点差に追い上げられた6回には、ツーアウト満塁から石原のタイムリー内野安打で一点を追加。気迫のヘッドスライディングで、大きな追加点をもぎ取った。
広島は昨年からの西武戦の連敗を4で止め借金を2とした。


ルイス7勝、セ界トップ 今季2度目の2ケタ奪三振(中国新聞)
負けられない試合でした。今日落とせば、例年の交流戦となんら変わらない結果に陥りそうな、そんな危険すら含んだ試合だったように思います。対戦相手はやられっぱなしの涌井。絶対に負けたくなかった。選手達もそう思っていたのか、ルイスの熱投。石原の攻守にわたる活躍。野手陣の好プレーや、粘りの打席に、負けられないという思いが伝わってきた気がします。
ルイスが先発でしたので、安心して見られる試合では有りましたが、なにせ西武の先発があの涌井でしたから、点が取れるのかどうかが不安でした。4回に栗原・前田の連続スリーベースヒット。ラジオで聴いている限りではいったい何があったのか解らなかったのですが、スポーツニュースを見ると、GG佐藤の守備が面白い事になっていたようですね。一点を先制して、なおもチャンスで喜田が凡退。もう一点欲しいなぁというところでの梵のタイムリー、大きかったと思います。梵の調子が上がってきているので良いですね!守備でもいいプレーが見られました。だんだんと本来の姿に戻ってきているのでしょう。二軍に落ちたことが、梵にとって良い経験になったのではないでしょうか。栗原にしても、昨日の今日でしたので、引きずって居ないかが心配だったのですが、今日はしっかりと打てていました。また不調期間に入ることがなさそうで一安心ですね。
そして1点差に追い上げられ、1アウト満塁のチャンス。梵が三振に倒れ、今日も満塁で点が入らないのかと思いかけたところで石原の気迫のヘッスラ。あのプレー、とても大きかったように思います。今日は守備でも再三良いプレーを見せて、ルイスを救っていました。のっていましたね。凡打でも全力疾走。その姿勢は、チームを勢いづけるのに必要なものだと思います。石原は無愛想で、何を考えているのか解らない所がありますが、熱いプレーで惹きつけますね。8回の三振ゲッツーも随分とシュルツを助けました。これからも女房役としてチームを引っ張っていって欲しいですね。広島に優勝を運ぶ石原慶幸!!

【メガ速プロ野球】広島・ルイス10奪K! セ単独トップの7勝目(SANSPO)
> 「ひと回りしたら打てる投手っていうのがいるでしょう。でも、ルイスは2回りしても、打てないんですよ。球威とコントロールが落ちないのが大きいんですけどね」
試合中の投手コーチのコメントが「言うこと無し」だったので、笑いました。
投手陣は、ルイスは圧巻でしたね。3回まではノーヒット。前回の投球では打たせてとる交流戦型にスイッチしたと言っていたのですが、振ってくる西武打線相手に攻め方を変えたのでしょうか。ホームランは一本許しましたが、後は安定していました。7回当たりに疲れるのか、捕まり始めますね。ただ、7回までであれば、ピンチを招いても切り抜けつつ投げてくれる本当に頼りになる投手の柱です。
8回のシュルツ、9回の永川も安定していました。永川、GG佐藤を見逃し三振にとったストレートはしびれました。今年は調子が良いですね。あのオリックス戦が自信に繋がったのでしょうか。夏場、疲れが出てくるとどうなるか解りませんが、この調子で頑張ってもらいたいと思います。シーボルが下がったことで、コズロースキーが一軍登録されました。中継ぎの層が大分厚くなりましたね。うまく使い回せれば、夏場も乗り切れそうな気がします。交流戦空けたら先発の整備も必要ですので、長谷川、青木高、宮崎あたりの復活を待ちたいとおもいます。

サード喜田は怖かったですが、何とか頑張っていましたね……。ゴロPの時は出来れば小窪でお願いしたいと思わせる守備でした……。送球が怖すぎる………。あと、アレックスが不調ですね。疲れが出ているのでしょう。休ませるために森笠が上がったのでしょうか。少し休養させるのもいいかもしれませんね。

さて、パリーグ首位を走る西武のエースに負けを付けることが出来ました。明後日から仙台。岩隈、田中まーくん、日ハム戦ではダル、グリンあたりと当たる可能性も有るわけですが、今のカープであればきっと攻略出来るはずです。この勢いを大事に、しっかり戦ってきて欲しいですね。

スポンサーサイト

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://otasu73.blog71.fc2.com/tb.php/77-822d593e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。