FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

【試合結果】vs横浜(11回戦) 

「何がノーコメントじゃぼけぇ~正座しろ正座ぁ~!」

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 0 0 1 2 0 0 0 0 0 3 10 0
横浜 4 0 0 0 0 0 0 0 X 4 7 1

 広島         横浜
1東出(二)     1石川(遊)
2天谷(中)      2仁志(二)
3アレックス(右)  3内川(一)
4栗原(一)     4村田(三)
5嶋(左)      5ビグビー(左)
6シーボル(三)  6金城(中)
7石原(捕)     7吉村(右)
8木村(遊)     8相川(捕)
9は(投)      9桑原謙(投)

投手
広 - 長谷川 - (2回裏) - 青木高 - (6回裏) - 上野 - (7回裏) - 梅津 - (8回裏) - シュルツ
横 - 桑原謙 - (4回表) - 山北 - (4回表) - 真田 - (6回表) - マットホワイト - (7回表) - 吉原 - (8回表) - 寺原

得点経過
1 回 裏 ビグビー 1-1からライト前先制タイムリー 0 - 1
1 回 裏 金城 1-3からライトへ6号3ラン 0 - 4
3 回 表 アレックス ライト前タイムリーヒット 1 - 4
4 回 表 東出 1-0からセンター犠牲フライ 2 - 4
4 回 表 緒方 (代打)2-1からレフト線タイムリーヒット 3 - 4

広島は先発の長谷川が乱調。初回金城にスリーランを浴びるなど4失点し、1回でマウンドを降りた。後を受けた青木高が4回を無失点に抑え、上野、梅津、シュルツも横浜打線を零封。味方の反撃を促すピッチングを見せたが、初回の4失点が重くのし掛かった。
中継ぎ陣の奮闘に答えたい打線は4回までに8安打を放ち、3得点と追い上げるが、横浜の勝利の方程式に封じ込まれ、後一歩及ばず悔しい敗戦となった。
広島は再び借金を2とした。


正座しろ長谷川の野次を市民球場で聞いたのが3年前。投手に四球出すなんて終わってるよね、という女の子の言葉を聞いたのが2年前。長谷川帰れー!と叫びたくなったのが今年の連休。結局、何も変わっていませんでした。
横浜:中継ぎ陣踏ん張り逃げ切る 広島は勝率5割逃す(毎日新聞)
>▽広島・ブラウン監督 負けたが、選手はいい試合をしてくれた。一人(長谷川)を除いて。

打線は3点差に追いついた後に一気に同点までいけなかったのが痛かったですね。寺原が出てきてはちょっと打てないですから。8回から守護神を投入という、登板間隔の空いている言うなれば横浜らしい継投ではありましたが、しかし一時期のヒューズや横山を僅差で投入という大矢監督では無くなっているようです。マットホワイトも良いですし、吉原も安定していますから、唯でさえ苦手であった横浜が少しやっかいな存在に成りそうですね。拙攻が痛いというよりは、あの絶望的な下位打線が……。石原の打撃も下降気味ですし、小窪も昨日の今日では休ませたくなります。梵もあれでは……という消去法で木村なのでしょうが、今日はヒットがあったとはいえしかし打撃が絶望的ですね。小窪か梵が復調してくれればいいのですが。シーボルが打撃が好調気味なのが救いです。バントなど駆使して欲しいと思いながらも、得点圏にランナーが居ても返せそうにない現状ですからね。チャンスでクリーンナップが打てなかったのがなぁ。勝てる試合ではあったと思うのですが、残念です。
しかし今日はなんと言ってもヨーイドン、はいツーアウト、今日は良さそうだと思わせておいて崩れた長谷川でしょう。初回4失点。情けないですね。情けないというか、去年後半が彼のキャリアハイだったのではないかと思います。マイペースなのは結構ですし、交流戦では好投もしてくれていますから実力は有るのでしょう。ただ、5割目前の試合、2回目ですよね。こういう結果。ベテランの域に達する投手がする投球では無いでしょう。マーティーもお怒りモードで初回のみで交代。良い選択でしたね。監督としては、開幕して中日との3戦目。失点したにもかかわらず長谷川に代打を送らず、期待しているからというコメントを残していました。それだけ長谷川に対する期待が大きいシーズンだったのでしょう。いや、監督だけでなくファンもそれは同様でした。やってくれるはずだ、やってくれなければ困る。昨年後半は素晴らしいピッチングでしたからね。先発の柱に、ついにエース格に成ってくれるのだと期待していたシーズンでした。
しかし、今日。(今日だけではありませんが……)背信。その言葉がぴったりの投球でした。
代打の廣瀬もさっぱりで残念ではありましたが。2回以降なげた青木高が良かった分、長谷川の悪さが際だつ形となりました。青木高、頑張ってくれましたね。前回の投球から随分修正されていたように思います。点差がある下位打線と云うことで2回は抑えて当然という感じはあったのですが、それからも粘りの投球でストライク先攻。だいぶ本来の投球に戻ったのではないでしょうか。長谷川と入れ替わりで先発のチャンスが有りそうです。中継ぎ陣は踏ん張ってくれましたね。敗戦処理リリーフは勝利の継投と随分差があると思っていましたが、梅津シュルツは出てきたと言えども、上野、青木高のお陰でだめ押し点を奪われることのない試合となりました。その分長谷川の(以下略

ブラウン監督、長谷川に怒り=プロ野球・広島(時事ドットコム)
>「信頼したいが、できない。何をすべきかは長谷川本人に聞いたらいい」。

ここまで監督を……というより首脳陣、チームメイト、ファンを怒らせては……例年のこととはいえ、ここまで言われてしまっては……(歯切れ悪)敗戦処理ロングとして1軍には残るかなぁ、とおもっていたのですが微妙ですね。しかし中継ぎ降格扱いには成るでしょう。長谷川は何回同じ事くり返せば気が済むのだろうか。きっと学習能力という物が致命的に欠落しているのでしょうね。

さて、最下位横浜相手に取りこぼしともいえる敗戦を喫してしまったわけではありますが、しかしこちらも大竹長谷川という裏ローテーションでビジター、1勝1敗で終われたのを御の字としなければ成らないのかもしれません。次はヤクルトとホームでの3連戦。ルイス、前健、建さんが予想されています。ここで負け越すようなことがあらば、3位が遠のくだけでなく一気に定位置である5位に転落してしまうわけですから、確実に勝っていって欲しいと思います。

スポンサーサイト

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

コメント

本当に、五割の壁が厚いですね~

横浜は去年、鴨にされたのでここぞとばかりに仕返ししてもいいはずなんですが……

明日からのヤクルト戦でしっかりと三位争いに残るように、四位と五位の差をつけておきたいですね。

コメントレスです

>>ノライヌさん
こんばんは!コメントありがとうございます。

5割挑戦の試合でことごとく長谷川というのが痛いですね。
横浜は苦手寺原が先発に居ませんし、去年の借りを返してもらいたいのですが……
弱っている相手に優しいカープで困りますね。

明日からのヤクルト戦は連敗するようなことが有れば3位が厳しくなりますから、しっかり叩いて欲しいですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://otasu73.blog71.fc2.com/tb.php/97-0ad10cd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。