FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

【試合結果】vsヤクルト(7回戦) 

学会だったので試合経過殆ど見れていないのですが、梵にヒットがでて良かった!いや~良かった!!ほんっっと良かった!
こんな小さな事で涙ぐめる私はたぶん幸せ者。

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
ヤクルト 0 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 5 12 0
広島   3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 16 1

 広島         ヤクルト
1東出(二)     1福地(左)
2森笠(左)      2宮本(三)
3アレックス(中)  3青木(中)
4栗原(一)     4畠山(一)
5嶋(右)      5ガイエル(右)
6シーボル(三)  6田中(二)
7梵(遊)      7ウィルソン(遊)
8石原(捕)     8福川(捕)
9前田健(投)    9館山(投)

投手
ヤ - 館山 - (5回裏) - 松井 - (7回裏) - 松岡 - (8回裏) - 押本 - (10回裏) - 五十嵐 - (11回裏) - 林 - (12回裏) - 萩原
広 - 前田健 - (6回表) - 岸本 - (7回表) - 横山 - (9回表) - シュルツ - (10回表) - 永川 - (11回表) - 梅津 - (12回表) - 上野

得点経過
1 回 裏 アレックス 2-1からサードゴロの間に1点先制 0 - 1
1 回 裏 嶋 2-0からセンター前タイムリーヒット 0 - 2
1 回 裏 梵 1-0からライト前タイムリーヒット 0 - 3
2 回 表 福川 2-3からショート後方タイムリーヒット 1 - 3
2 回 裏 アレックス 初球センターへ8号ソロ 1 - 4
3 回 裏 前田健 1-3からライトへ犠牲フライ 1 - 5
5 回 表 福地 ピッチャー内野安打 & 送球ミスの間に1点 2 - 5
5 回 表 青木 2-2からショートゴロの間に1点 3 - 5
5 回 表 畠山 1-3からライト前同点タイムリー 送球の間に二塁へ 5 - 5

広島は初回、アレックスのサードゴロ、嶋のタイムリー、梵のタイムリーなどで3点を先制する。その直後、1点を返されてしまうものの、その裏にはアレックスのソロホームランが飛び出し1点を追加。3回には先発の前田健太の犠牲フライでもう1点を追加し、一時4点のリードを奪う。
しかし、5回。前田健太が自らのエラーなども含み、この回4点を失い同点に追いつかれてしまう。その後中継ぎ陣が踏ん張り、味方の反撃を待つが、打撃陣もチャンスを生かせず結局12回を終わって5-5。広島は今期3度目の引き分けとなった。


試合は序盤に点を奪って楽に勝てる感じではあったのでしょうが、前田健太が捕まってしまいましたね。数あるチャンスを生かせなかったのが響いた結果と成ってしまいました。取りこぼし、といえば其れまででしょうし、勝てる試合を落とした勿体なさが募ります。ただ、こういった勝てる試合を確実に手にできないあたりが今のチーム力なのでしょうか。
5割の壁にぶち当たっては砕け散り、幾度挑戦しても跳ね返され、その壁の高さを実感してしまっているという感じです。
ただ、今までは5割挑戦という試合、先発(主に長谷川)が大炎上、そして敗戦。言うなれば当たった後見るも見残に砕け散っていた試合が、今日は前田健太が5回に捕まった物の中継ぎが踏ん張り何とか引き分け。再び五割の壁にいどむ挑戦者としての権利を得たまま明日の試合に挑めるわけですから、良しとまではいきませんが、しっかりと切り替えて戦うしか無いという感じです。

チャンスで打てない打線に問題点はあれど、愚痴愚痴言ったところで何も始まりませんし、今日は悪いところばかりではなかったと思います。その一つがリリーフ陣。
中継ぎは良く踏ん張ってくれましたね。正直岸本の名前を見た瞬間、ああ……とヤフードームでの特大満塁アーチが脳裏をかすめ、盛り上がるレフトスタンドまで想像できたのですが、四球で先頭打者は出した物のあとはきっちりと討ち取りました。横山の安定感はさすがです。シュルツも良かったですね。永川はやはり倉との相性は最悪のようですが無失点に踏ん張り、後を受けた梅津は貫禄のピッチング。上野はピンチはまねけどしっかりと踏ん張ってくれました。打撃陣が拙攻をくり返すいやな流れで、4点差を追いついておせおせのヤクルト打線。昨年までであればずるずると失点を積み重ねていてもおかしくないこの展開を、しっかりと引き分けに持ち込めたのは、投手陣の頑張り、そして去年より格段に安定している横山、シュルツ、永川のお陰なのでしょう。その分勝てる試合という印象が強くなってしまい勿体ないですが、しかしヤクルトも後ろが安定しているチームですからね。中継ぎ勝負で負けなかったというのは投手陣には自信に成ったのではないでしょうか。横山の連投っぷりが気になるところではありますが、それは接戦に持ち込まざるをえない打撃陣がさせていることですから、たまには横山シュルツ永川の顔を見なくてすむ展開にして欲しいですね。このままだと横山が心配です。かといって出し惜しみすれば負けてしまう。難しいところです。以前ならば勝ち試合連投中の横山温存で例えば上野や岸本が出てきて、打たれたならば、ブラウンの采配が可笑しいなどと議論になるような所ですが、連投すれば連投で抑えはするけど不安が募るというなんだかファンって勝手な生き物だなぁと自分を顧みて反省しました……。

打撃陣は序盤はつながりをみせたものの、いやな流れで残塁合戦。1アウト満塁、梵が2安打していなければ代打だったのでしょうが、私はあそこで梵に代打を出さなかったのは悪い采配ではないと思います。今日は当たっていましたからねぇ。その後の前田が凡退というのが痛かったかなぁ。最近中国新聞に記事が出ましたが、采配云々も有るのでしょうが、単純に調子を落とし気味なのでしょうか。やる気が無いなんて事はあってほしくないと思いますけどね。緒方なら、と少し思ってしまいましたが所詮結果論。チャンスで打てない選手の力量不足が招いた結果なのでしょう。なかなか巧くいきませんが、其れがチームの力というものなのかなぁ。しかし少しづつ壁が乗り越えられそうに成ってきたのですから、2試合連続の5割挑戦。今度こそしっかりと登り切ってもらって、その壁を越えたところから一気に貯金といきたいものですね。壁さえ越えればと思わせてくれる何かが今のカープにはある気がします。

昨日、二軍戦を見てきました。詳しいレポートはまた試合がない日にでもと思っているのですが、本日ルイスが抹消と成りましたね。リフレッシュ休暇、ということで、この間にコズロースキーを試すのでしょうか。正直、危ないとおもいます。昨日の投球内容を見る限りでは。2失点とは言えども4回で76球ですからね。
ランナーを出すまではいいのですが、出してからは乱れます。1軍で投げていたときから何も変わっていないような投球内容に、まだ1軍は遠いなとおもったのが正直な感想です。過度な期待は禁物といったところでしょうか。
あと二軍戦を見ていて思ったのですが、梵を落とす余裕はないかなぁと。梵を二軍へという話もわかるのですが、そうなれば内野のバックアップに山崎あたりを上げるのが妥当なのでしょうか。昨日見る限りでは打撃はさっぱりで守備でも精細を欠いている感じでしたね。内田さんがやる気を出してくれているようですし、梵はもう1軍でしごいてもらう方向が良いんじゃないかなと。長谷川にしても梵にしても落とすのは簡単なのでしょうが、代わりになる選手がいないという現実を受け止めなければ成らないとも思います。それ故の一軍に居ながらの調整なのではないかなぁと思っています。期待が高いというのも有るんでしょうけどね。
今日梵は2安打。チャンスで打てなかったのですが、ヒットが出たことで少し気持ちが楽に成ったのではないでしょうか。思い詰めたように練習しているという話も聞きますし、結果が付いてきてくれることを祈っています。

さて、明日は建さんと増淵でしょうね。苦手な投手ではありますが、今日の悔しさをしっかりとぶつけて、さくっと快勝してほしいとおもいます。出来れば横山は休ませる方向で、建さんひさしぶりに完投なんかしちゃったらいいじゃん!と思っています。厳しいかな……熱いし………がんばれカープ!

スポンサーサイト

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://otasu73.blog71.fc2.com/tb.php/99-3f3b99bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。